母がアナフィラキシーショックで救急車で運ばれる!次女が母が倒れたことを感じ取っていた!?

タイトル 日記

先日べーたろう母が救急車に運ばれました。

先週私が運ばれたばっかりだったので驚きです。

救急車に連続してお世話になるなんて・・・。

原因はアナフィラキシーショックだそうです。

アナフィラキシーショックの症状が出た場合は

迅速に対応しないと最悪死亡に至る可能性があるそうです。

アナフィキラシーショックとは?

アレルギーの原因物質が体内に入ることによって、

一つの臓器にとどまらず複数の臓器に強い症状が現れる

過剰反応のことです。

症状や発生までの時間は個人によって違うようです。

主な症状は、蕁麻疹や赤み、かゆみなどの皮膚症状で8~9割で

続いて呼吸器、消化器、循環器など全身に渡る症状が複数かつ同時に起こります。

べーたろう母の症状と経緯

母の原因はソイラテでアレルギーがでた可能性が高いです。

友人といつものカフェでおしゃべりをしていた時

飲むものがないからとソイラテを飲んだようです。

しばらくすると、全身がムズムズしてきて蕁麻疹がでてきたそうです。

実は全身がムズムズしたのは二回目。

一回目の時もソイラテを飲んでいたらしい。

一回目は全身に蕁麻疹が出て、目がぼんぼんに腫れていました。

その時は病院がお休みの日だったので行かなかったようです。

そして2回目。

ってか一回ソイラテ飲んで蕁麻疹出てるのにまた

飲んだんかよって感じですが。

今度は全身の蕁麻疹の上に手がぱんぱんに腫れあがり、

息が苦しくなってきたらしい。下痢にもなってようです。

カフェの隣に徳洲会という大きな病院があったので

そこに友人が電話して診てもらえるか確認したら

「今はお昼の時間なので先生がいませんので診察できません」

といわれたそうな。

べーたろう母はとりあえずまだ運転できる状態ではあったらしいので

友人と別れて違う病院に向かいました。

またしても「うちは内科なので診察できません。他に行ってください」

と断られたそうです。

べーたろう母
べーたろう母

かゆいかゆいかゆい!!!限界限界!!なんで病院で診察できんのや!!!

車内で叫んだようです!!

もう車も運転するのも危険な状態になってきたと察した母は

近所に叔母の家があったのでそこへ駆けこみました。

その後、立つこともできないほどのめまいとかゆみに襲われたようです。

そのとき叔母が判断したのは、

救急車で緊急対応で診てもらうべきだということでした。

救急車で市民病院へ運ばれ、やっと診察してもらえたそうです。

搬送先で看護師さんに処置をしてもらったのですが、

看護師さんが裏でこんなことで救急車を呼ぶなんてという

ことを言っていたのが聞こえたらしい。

その後、皮膚科の先生に診てもらい

蕁麻疹を止める注射と点滴をしてもらったそうです。

病院で緊急でみてもらったのが幸いだったらしく

緊急で運ばれていなければもっと症状が悪くなり

死亡していたかもしれません。

皮膚科の先生に言われたそうです。

看護婦さん、その程度で救急車を・・・とか裏で言ってたのにね。

叔母からべーたろうへ連絡が入ったとき

叔母から連絡が入る前にこんなことがありました。

次女のあかりが昼寝をしていたときに突然大泣きし始めたのです。

次女あかり
次女あかり

うわ~~~ん!!おかあさぁ~~ん!!うわ~~~ん!

べーたろう
べーたろう

突然どうしたあかり!?寝てたんやないの?

次女あかり
次女あかり

うわ~~ん!!おばぁ~ちゃんがぁ!

なんでおばあちゃんがでてくるんだ?

疑問に思いながら落ち着かせました。

その後叔母から

「お母さん、救急車で市民病院に運ばれたから。べーたろう来たって」

という電話入りました。

まさか!?あかり、予知夢!?

子供の不思議な力なのかしら・・・。びっくりです。

まとめ

叔母の救急車を呼ぶ判断をしてもらったことが幸いでした。

もし、我慢して車を運転してたら事故を起こしていたかも。

もし、病院で緊急で診てもらわなければ間に合わなかったかも。

一つ判断を間違えたら大変なことになっていたはず。

アナフィラキシーショック本当に怖いです。

アナフィラキシーショックの症状は個人差があって

発生する時間もばらばら。

突然誰にで起こりうることです。

少しでも息が苦しくなったりしたら

すぐに救急車を呼ぶべきなんだと先生がおっしゃってました。

病院でアレルギー検査をしてもらえます。

自分がどんなものでアレルギー症状が出るかを事前に

チェックしておくことで予防することができます。

可能であれば皆さんも一度はアレルギー検査をしてみてください。

 

 

日記
スポンサーリンク
シェアする
べーたろうのべらべらぽん

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。