つらい花粉症を抑えたい方必見!食べ物で抑えよう!

題名 健康

花粉

 

まもなく花粉シーズン到来。

つらい花粉症を少しでも抑えたいと思う方は多いと思います。

べーたろう
べーたろう

べーたろうは去年あたりから花粉症の症状がでてきたわ。

普段の生活から花粉を撃退することも必要ですが、

それ以外にも食べ物で花粉症を抑えることができるんです!!

粉症で鼻水だらだら。くしゃっみが止まらん!

という方はぜひどうぞ!!

スポンサーリンク

花粉症の症状を抑える食べ物たんぱく質をとる

たんぱく質をとる

肉

つねに新しい丈夫な粘膜細胞を作るために、

肉や魚などの動物性タンパク質をしっかりとりましょう。

ただし、「今日は鶏肉、明日は牛肉、次は豚肉」など、同じ肉を連食しないこと。

質の良い脂質をとる

質の良い脂質

飽和脂肪酸が豊富な肉、オメガ3刑の不飽和脂肪酸を含む青魚、

しそ油、アマニ油、えごま油、オメガ9系の不飽和脂肪酸を含む

オリーブオイルなど、質の良い資質をバランスよくとりましょう。

 

 糖質を控える

糖質を控える

花粉症改善の為に避けたい栄養素は、腸内細菌の悪玉菌のエサになり、

腸内環境を悪化させる糖質です。

清涼飲料水やスイーツ、果物、白米、パン、麺類などは徐々に減らしましょう。

ビタミンDをとる

日光浴

エネルギー症状を鎮める作用があるビタミンDは、サケやイクラ、ウナギ、サンマ、

イワシなどに多く含まれます。

こうした食品をとり、日光を浴びて皮膚でつくるだけでなく、タラの肝油などを

材料にしたサプリメントを活用しましょう。

腸内環境を整える

腸内環境改善

腸内での免疫反応がスムーズに行われるためには、腸内細胞の善玉菌を増やす必要があります。

野菜やキノコ、海藻、漬物など、植物繊維の豊富な食品を食べましょう。

イモ類は、植物繊維だけでなく糖質も多いので避けましょう。

女性は鉄、男性は亜鉛をとる

鉄分と亜鉛

花粉症に悩む女性は、ミネラルの鉄が不足しがち、レバーや赤身肉、マグロ、

カキなど、動物性のヘム鉄をとりましょう。

男性は、亜鉛で丈夫な粘膜づくりを意識して下さい。

特におすすめなのは「生ガキにレモン」です。

 まとめ

 6つのポイントを押さえて食事をすると体調がどんどんと良くなっていくことが

実感できるはずです。

今年の花粉症は外側だけでなく、内側からも抑えられるようになると

花粉症のつらい時期を乗り越えられますね。

少しでも楽に過ごせられるように。

 

 こちらもどうぞ!→ご飯は正しく食べるべし!元気が続くためのお勧めの食べ方!

健康
スポンサーリンク
シェアする
べーたろうのべらべらぽん

コメント

  1. […] こちらもどうぞ!→つらい花粉症を抑えたい方必見!食べ物で抑えよう! […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。