マルサンの「赤だしこうじ」の「和食文化国民会議」が気になった。

日記

べーたろう宅では味噌汁を作る際の味噌はマルサンの「赤だしこうじ」を使用しています。

こないだ初めて気が付いたのですが、

パッケージの上のほうにある「和食文化国民会議」というロゴを発見しました。

和食文化国際会議のロゴ

はて?和食文化国民会議ってなんやの??

 気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

和食文化国民会議とは?

一般社団法人「和食文化国際会議」のこと。

平成27年2月に和食の保護・継承を担う唯一の責任ある民間団体としての法人化。

和食文化を次世代へ継承するため、その価値を国民全体で共有する活動を展開している。

・代表理事会長 伏木 亨

・理事/調査・研究部会長 大久保 洋子

・理事副会長/普及・啓発部会長 後藤加寿子

・理事副会長/技・知恵部会長 村田吉弘

・理事/全国「和食」連絡会議議長 服部幸應

現在では多くの企業がこの活動に賛同しています。

和食文化がユネスコ無形文化遺産に登録

2013年12月4日に、アゼルバイジャンにおいて、

「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されています。

ユネスコの無形文化遺産登録は、1度登録されたら永遠に無形文化遺産ではなく

保護継承の努力を積み重ねて行かなければ継続はできません。

無形文化遺産の保護のため日本人の一人一人が和食の大切さを意識して

食につくことが大切です。

べーたろうの感じたこと

日本は四季折々の食べ物や伝統がいっぱいあるからとっても素敵だなって思う!

「だし」ひとつを考えてみると、今では自分で「だし」を作ることが少なくなって、

だしの素を使えば楽ちんだってな感じになってる自分が少し恥ずかしい。

べーたろう、一度でいいから「お節料理」を一から作ってみたいと思ってます。

が、実現するのはいつだろうか(笑)

クリスマスとかバレンタインとか、ハロウィンとか、もともと海外のイベントで

盛り上がるのもいいけど、日本人なら日本の伝統文化である、節句のイベントを

もっと大切にするべきなんだなって感じるこの頃です。

 

 

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。