実写版「アラジン」を観ました!素敵だった!

タイトル 映画

べーたろうが大好きなディズニーアニメの「アラジン」

そのアラジンが実写版になって映画館で上映されたので

観にいきました!!

最高だったのでテンション上がりまくりです。

アニメ版をどんなふうに実写版に変えてるか気になってました。

注意!この先ネタバレごめんなさいです。

実写版「アラジン」べーたろうの感想

 

実写版「アラジン」の感想を家族が誰も聞いてくれないから

ブログで書き込んでスッキリしたい(笑)

 

まず冒頭の「アラビアンナイト」アラジンに入り込む序盤の大切な歌!!

アニメ版は怪しい商人が歌いながらランプを見せるところから

物語がはじまってました。

実写版では「ジニー」が歌ってた!

冒頭からべーたろう顔がにやけます。

 

アラジンの身のこなしも見事に実写化されて

まったく違和感がない!!!

物語の筋も同じなので安心して観れました(笑)

アリ王子が登場するパレードも最高でした!

大きな違いといえば、

ジャスミンがとても強い女性に描かれているってこと!

アニメ版は王室の暮らしに退屈していて

どこぞの王子と結婚なんてしたくないっていう

ただのわがままなプリンセスだったよね。

実写版は違う!

今まで男性しか国を治められないという伝統を打ち破って

女性も意見が言える、自身も国を守るという意思が強い女性になってた。

もっとも感動したのがジャスミンの歌!

「スピーチレス」

自分の決意を歌にした曲だったけど

すっごく鳥肌が立って、泣けました。

↑↑youtubeにありました。途中までだけど。

これは映画館でみるとすごく身に沁みます。

有名な「A Whole New World 」を超えた感動(笑)

 

魔法の絨毯で流石に雲の上までは行かなかったし

中国の建物らしき屋根の上で話すシーンは無かったです。

 

魔法の絨毯でジャスミンを部屋まで送った後の

キスの場面は、素敵ね。ドキドキしましたよん。

 

ジャファーはアニメより見やすい男性でした(笑)

アニメのジャファーって不細工やんね。

 

王様も王様のビジュアルだったのでほっと一安心。

なんたってアニメでは真ん丸なちっちゃいおっさんだったから。

 

実写版のジニーさんは筋肉むっきむっきでしたよ!

映画の中でもジニーさん筋トレしたし。

ウィル・スミスさんめちゃくちゃ鍛えてるんですね。

 

最後に印象が強かったのが、

ジャスミン自身が王女になって自分で法律を変えたことです。

アニメでは王様が

「王女は自分が選んだ男性と結婚していいこととする!!!」

とかなんとかゆってました。

実写版では

王様がジャスミンに王位を譲り、

ジャスミン自身で選ぶことができるようになってました。

現代の考えが反映されている感じが印象的です。

 

まとめ

アラジン大好きな人にとっては感動です!!!

曲もアニメ版の歌をアレンジされた曲になってたし、

「フレンド・ライク・ミー」もラップになっててかっこよかった!!

↑↑こんなんあった!!

山寺さんのラップって(笑)

吹き替え版も観てみたいなって気持ちになります。

話変わるけど、「魔法の絨毯に身を任せって」って歌聞いて

いつも思うことがあります。

魔法の絨毯の上って落ちない?

万有引力的なもんで体が吹っ飛んだりするやん?

固定ベルトとかも無いし(笑)

皆さんもそう思いません?

実写版「アラジン」とても感動で面白いのでぜひ観てほしいです。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。